かわせみリポート

kawasemir.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:八ヶ岳の自然( 23 )

よく通る道沿いに「隠れた紅葉の名所」があります

d0227858_00024701.jpg
d0227858_00022913.jpg
 私の住む原村から茅野方面に下って行く、御柱の通る道の途中に、
この時期になると込み合う場所がある。

 夜はライトアップもされる「清龍山長圓寺」というお寺で、ここのモミジの紅葉は、
見事なくらいに真っ赤で美しいのです。

 地元版の夕方のNHKニュースでも紹介していたくらいで、一見の価値ありです。
 

[PR]
by kawasemi-report | 2017-11-09 00:22 | 八ヶ岳の自然 | Comments(0)

大きなスズメバチの巣を撤去しました

d0227858_23363204.jpg

d0227858_21090006.jpg

 知り合いの別荘の軒下に、いつの間にか黄色スズメバチの大きな巣が出来ていて、
すぐわきの道を散歩などで歩く人たちにとっては「脅威」となっていました。

 対策を依頼されたので、スズメバチ用の強力なスプレー殺虫剤で、
寒さでハチの活動が鈍い朝の時間帯に波状攻撃を(何日もかけて)仕掛けて、
少しづつ勢力をそいで行って、巣を出入りするハチがいなくなったのを確認してから、
ノコギリで軒下から切り離して撤去しました。

 ニュース沙汰になるような人的被害が出なくてよかった!


[PR]
by kawasemi-report | 2017-11-05 22:00 | 八ヶ岳の自然 | Comments(0)

今年の「春(山菜)」は遅れています

d0227858_1405100.jpg

d0227858_1404995.jpg

 連休も後半の5月4日だというのに、我が家の庭のタラの芽とコシアブラは、ご覧のとおりで、
収穫するのはまだしばらく先になりそうです。
 今年は、かなり遅れています。

 そうそう、いつもは雪が消えると顔を出すフキノトウも、雪解けからひと月くらい経ってから、
今年の「お初」を食べたような気がするし…。

 ちなみに、我が家のソメイヨシノは七分咲きです。

d0227858_2468.jpg

 
[PR]
by kawasemi-report | 2017-05-05 02:07 | 八ヶ岳の自然 | Comments(0)

          冬から春へ、やっと変わり始めました

d0227858_20565038.jpg

d0227858_2057259.jpg

d0227858_2058455.jpg

 4月8日かわせみ工房の庭です。
            咲き始めて二日目の福寿草と、
                     落ち葉を突き破って出て来た水仙群と、
                                 フキノトウの子供たち。

 八ヶ岳西麓、標高1250mの森の中では、今、春へと変わり始めたばかりなのですよ。
[PR]
by kawasemi-report | 2017-04-08 21:21 | 八ヶ岳の自然 | Comments(0)

雪が少なかった冬が終わって、どうやら、春が来たのかも知れない

d0227858_103413.jpg

 いつもは、雪の下で芽を伸ばし始めて、雪が消えると姿を現す、春イチバンのスイセンが、
今年は根雪が残っていなかったので、落ち葉を掻きわけて、少し遅めに登場してきた。

d0227858_11597.jpg

 フキノトウも、かなり遅いタイミングで、やっとお目覚めです。

d0227858_1222060.jpg

 フクジュソウだって、咲く時期を迷ったかも知れない。

d0227858_1253647.jpg

 それでも、我が庭に春を告げるクリスマスローズが咲いたのだから、「春到来」なのだろう。
[PR]
by kawasemi-report | 2016-04-01 01:34 | 八ヶ岳の自然 | Comments(0)

我が家の庭は、やっとお花見シーズンです

d0227858_22223984.jpg

d0227858_22231279.jpg
d0227858_22233575.jpg
d0227858_22235257.jpg

 一番初めに咲いたのは梅。そして咲いた順番に(上から)吉野の桜、しだれ桜、ジューンベリー。

 我が家より標高の低い諏訪湖周辺では、数週間前に桜が満開だったけれど、
標高2,500mの我が家の庭では、普通なら時期がずれて咲く木の花が、ほぼ同時に咲いている。
 今まさに「お花見」状態なのです。

 今日から五月。寒い土地ならではの、少し遅れてやって来る「爆発的な春爛漫」の到来だ!!
[PR]
by kawasemi-report | 2015-05-01 23:05 | 八ヶ岳の自然 | Comments(0)

原村も本格的な春になりました

d0227858_22433383.jpg

d0227858_22441355.jpg

d0227858_22444734.jpg

 水芭蕉、そしてカタクリの花、どちらも今、原村の「八ヶ岳自然文化園」の園内で咲いている。
時折、朝冷え込んで、霜注意報が出たりもするものの、昼間は初夏のように暑くなったりもする。
4月の初め頃は、まだ冬の続きのようだったけど、5月を目前にした今、本格的に「春」を感じる。

 4月の初め頃といえば、4月11日に開催された「スワいち」は、冷たい雨の朝で始まり、
そして雨は朝だけで上がったものの、午後のイベント終了直前になって、やっと日が差すまでは、
ドンヨリと曇り空の一日になってしまった。
 そんな空模様だったからか、出店場所が、会場となった商店街の外れの方だったためか、
初めて「富士見」に出店した我々「原村グループ」の認知度が低かったためか、
去年までの原村開催の時のような賑わいにはならなかった。
 それでも、そんな中、お出でいただいた皆様、本当にありがとうございました。
 
 スイートグローブの次の出店は、7月18日(土)からの「原村高原朝市」です。
 
 また今年も素敵な「朝のふれあい」がありますように…。
[PR]
by kawasemi-report | 2015-04-29 00:00 | 八ヶ岳の自然 | Comments(0)

今シーズンの雪は、まだ、しばらく消えそうもありません

d0227858_21451730.jpg

d0227858_2145495.jpg

 3月になってはや8日、関東以南ではもうすぐ「春」だというのに、我が家の周りには、
まだしばらくは消えそうにないくらい大量の「根雪」が残っている。
 自然に積もった場所で50cmくらい、雪かきなどで積み上がった山は1.5mを越える高さだ。

 今シーズンの雪は、一度に大量には降らないものの、少しずつ降る回数が多いようで、
その「少しずつ」が累積した結果、チリも積もってヤマとなっているのだ。

 孫たちのために、家の南側の庭を圧雪してあげたら「原村高原スキー場」と名付けて、
ソリやスキーで遊べる超ミニ・ゲレンデ(?)が出来上がった。

 この様子だと、福寿草やクロッカカスや水仙たちは遅れそうだな。

 いや、ひょっとしてこの先、昨年のような記録的な「ドカ雪」も有り得るし…。

 はてさて、春は近いのやら…? 遠いのやら…?
[PR]
by kawasemi-report | 2015-03-09 23:26 | 八ヶ岳の自然 | Comments(0)

この夏はスズメバチの活動が活発だったような気がする

d0227858_1245413.jpg

d0227858_1251519.jpg

 別荘の塗装の仕事で、このところ毎日出かけている現場のすぐ近くの、「どなたかの別荘」の軒下に
キイロスズメバチの巣があるのを見つけた。縦50センチ、横30センチくらいの楕円形の、とても大きな物だ。

 9月初旬の今もまだ、無数のスズメバチが活発に活動していて、とてもデンジャラスな雰囲気に見える。

 実は我が家でも、二階ベランダの軒下と、洗面所の天井裏と、木工作業場の床下と、三箇所に巣を作られて、
そのうち一番危険なベランダのバレーボールくらいの大きさのヤツは、射程距離の長いハチ用殺虫スプレーで
先制攻撃をしてから、長い棒で巣をかき落として駆除をした。
 次に天井裏のヤツに殺虫スプレー攻撃をしているのだけど、これは、板張りの外壁のわずかな隙間から、
天井裏に入り込んだハチが巣を作ったので、巣を直接見ることができないので駆除しづらい状態。
 作業場の床下のは、あまり危険の無い場所なので、そのままにしている。

 といった具合だけど、この夏は暑かったことが原因なのか?例年よりハチの活動が活発だった気がする。
[PR]
by kawasemi-report | 2013-09-06 02:26 | 八ヶ岳の自然 | Comments(0)

今は早春なのか?、春なのか?、初夏なのか?、夏なのか?

d0227858_0144836.jpg
 
これは、ちょうど食べごろの「コシアブラ」の写真で、毎年、連休のころに目にする光景なのだけど…。
実は、これを撮影したのは5月20日で、例年よりも2週間以上遅い。
 「タラの芽」も、「コシアブラ」も、今年は山菜が遅かったのだ。

 少し前に雪が降ったり、最近でも朝晩は冷え込んで、霜注意報が出たり、確かに今年は春が遅かった。
ただ、その一方で、昼間は「夏日」になったりするので、何を着たらいいのか分からなかったりもする。
 自然も、我々人間の体も、あまりの変化の大きさに追ていけないのだ。

 そう、今年は春らしい「春」は無かったような気がする。

 いったい、今は、春なのか?、夏なのか?、さっぱり分からない。

 四季の移ろいを肌で感じることが、この地に住む大きな楽しみだったはずなのに…。
[PR]
by kawasemi-report | 2013-05-23 00:09 | 八ヶ岳の自然 | Comments(2)