かわせみリポート

kawasemir.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

毎年出場している「諏訪湖マラソン」なのですが…

d0227858_2127122.jpg

 神奈川県から現住所の原村に居を移してから20年程になるが、以来出場し続けている「諏訪湖マラソン」。
その第23回大会が10月23日に開催されて、今年も出場してきた。

 諏訪湖一週プラスアルファのコースで行われるハーフマラソンで、約7,000人の出場枠なのだが、
最近のマラソンブームで、ここ数年はエントリー受け付け早々に定員に達して、締め切られるほどの人気だ。

 10歳毎に細かくクラス分けされていて、自分と同年代の中での順位が付けられるので、歳をとっても
張り合いを感じられるレースだと思い、私は気に入っているのだ。
 そして今年は61歳での出場なので、60歳以上クラスの中ではヤングで有利、なんて「スケベ根性」と、
目標クラス10位以内(700人くらいの中で)を胸に秘めて、いそいそと出かけていったのだった。

 実は昨年の60歳最初のレースは、50歳代最年長から開放されて、「花開く」予定だったのだけど、
いまいち走りが重くて、クラス24位くらいだったか?の順位で、ちょっと不完全燃焼だったのだ。

 ところが今年は、レース後半お腹がすいてきて、その上眠くなって、うつらうつらしながら走るという、
今まで経験したことのないマラソンになってしまった。
 「歩いちゃおかな? コース脇で寝ちゃおかな?」なんて考えたのも、初めてのことだった。

 朝食を、お茶碗半分くらいのご飯と、バナナ2本と、エネルギーゼリーと、チオビタで済ませたことで、
「エネルギー切れになったかも?」と思い、私設の給水所でチョコレートなどを補給させてもらったのだが、
そのおかげか最後の1kmは普通に走れてゴール出来た。

 そして、タイムは2時間2分と過去最悪(いつもは1時間30分台なのに)で、順位も100位以下と、
 「スケベ根性」は見事に打ち砕かれたのでした。

 そして、そして、いつもはレース後の2~3日は足にダメージがあって、走るのがつらいのだけど、
今回はレースで楽をしたので、次の日から普通に10km走れるという、さらに初めての経験だった。

 「もうトシだから…」ということか? それとも「スケベ根性、若気の至り」ということか?
家族は「もういい加減やめたら?」なんて言うのだが…。
[PR]
by kawasemi-report | 2011-10-29 00:02 | 八ヶ岳の生活 | Comments(4)

秋と言えば、やっぱり「キノコ」なんですが…。

d0227858_10555773.jpg

 ここ八ヶ岳山麓では、秋になると森のあちこちに分け入って、キノコを探す人の姿をよく見かける。

 私は特に「きのこ狩り」はしないが、犬の散歩のついでに、毎年出る場所をチェックして、
食べても安心なキノコだけを採って、「秋の味覚」として楽しんでいます。

 私が採るのは「ハナイグチ」というキノコで、地元では「ジゴボウ」と呼ばれて親しまれているキノコだ。
傘の表面はナメコのようにヌメリがあって、裏側はヒダではなく、スポンジ状になっているのが特徴。
 スポンジ状でも、表面のヌメリがない種類の中に「ドクヤマドリタケ」というドクキノコがあるが、
ヌメリがあるのは大丈夫という、分かりやすくて安全なキノコなので、私はジゴボウしか採らない。

 食べ方は、味噌汁やおそばに入れたり、おろし合えにすると、大きなナメコみたいで美味しい。

 そんなジゴボウが、今年は少ない。
いや、去年も、いや、その前の年も、いや、最近はずぅーっと少ないような気がする。

 以前は木工房の裏にも、にょき、にょき、とたくさん生えてきたのだけど…。
[PR]
by kawasemi-report | 2011-10-22 11:53 | 八ヶ岳の自然 | Comments(0)

        我が家のまわりで「秋」探し

d0227858_21474327.jpg

 小学一年生の孫が、学校で「秋を探す」というテーマの遠足に行ったらしい。
その後、我が家に遊びに来た時に「一緒に秋を探そ~」と言われ、面白そうなので付き合うことにした。

 10月8・9・10日の連休でお天気も良く、ちょうど八ヶ岳自然文化園で「クラフトフェア」を開催していたので、
「秋」を探しながら歩いて見に行くことにしたのだ。

 晴れた空には赤とんぼ(アキアカネ)が乱舞していて、セミの声が聞こえなくなった静かな森には、
ササキリなど秋の虫の声が、静かさを際立たせるように聞こえた。秋ですねぇ。

 そして、道の途中で見つけた「秋」の収穫は、ススキ、ヤマボウシ、ヤマブドウ、ウメイロモドキ、ヒメクルミ、
アカマンマ、ドングリ、ヤマグリ、モミジ、ミズヒキ、etc.etc. どれも素晴らしく「秋」の色だった。

 クラフトフェアは3日間好天に恵まれたおかげか、記録的な入場者数で、大盛況だったらしい。

 そしてその翌週の10月15・16日は「八ヶ岳マルシェ」が開催されて、こちらはどうも、ここ3回同様
お天気に恵まれず、土曜日は雨、日曜日は晴れたけど風が強かった。

 それでも我が「スイートグローブ」は、夏場の前回、前々回ほどではなかったものの、
まあまあの売上となった。来ていただいたお客様には、本当に感謝!感謝!です。

 そんな八ヶ岳の「秋」は、もう少しで終わる。

 
[PR]
by kawasemi-report | 2011-10-18 23:03 | 八ヶ岳の自然 | Comments(2)

今度の土・日(10月15・16日)は八ヶ岳自然文化園でマルシェです

d0227858_2331554.jpg

 10月も第三土・日が近づいてきました。15・16日は今年4回めの「八ヶ岳マルシェが」開催されるので、
家内はスイートグローブのお菓子作りに負われています。

 天気予報の週間予報によると、土曜日は雨混じりで、日曜日は回復するとのことだ。
8月も9月も雨だったし、どうも今年のマルシェには「雨女」か「雨男」がいるのかも知れない。
 会場が八ヶ岳自然文化園に変わってからずっと雨ということでもある。

 いずれにしても、先月よりも寒くなっているし、お客さんが来てくれるか心配しながらの準備だ。
[PR]
by kawasemi-report | 2011-10-12 00:28 | お菓子工房 | Comments(0)

お菓子工房に配備された、三連メーター

d0227858_239711.jpg

 知り合いが、スイートグローブの工房開設祝にと、「気象三兄弟」のような三連メーターを
プレゼントしてくれた。
 縦に配置されたメーターは上から、気温、気圧、湿度の各メーターで、気温と湿度計はよくあるが、
気圧計はちょっと珍しいし、興味深い。

 というのも我が工房は、八ヶ岳山麓の標高1,250mに立地しているので、東京などと比較して空気が薄く、
気圧が低いのだ。
 メーターの説明書によると、標高が100m高くなると、気圧は約12hPa(ヘクトパスカル)低くなるので、
この地は、海抜0m地点より150hPa低いことになる。

 この「気圧が低い」ということは、料理などの加熱処理の時に「沸点が低い」という影響になってしまい、
たとえば、南魚沼産の美味しいコシヒカリを炊いても、通常の炊飯器では美味しく炊けないのだ。
 それで我が家では、美味しいご飯を食べるために、圧力式の炊飯器を使っている。

 ということは、標高の低い場所でも、台風の時に炊いたご飯は美味しくないのだろうか…?
[PR]
by kawasemi-report | 2011-10-08 00:18 | お菓子工房 | Comments(0)