かわせみリポート

kawasemir.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

雪混じりの雨の「スワいち」開催でしたが…

d0227858_22561776.jpg

ホールで販売したミントのケーキ、オレンジのケーキ、ナッツのタルト、ガトーショコラは大好評でした。
d0227858_22564649.jpg

 お知らせしていた「スワいち」が25日に「八ヶ岳自然文化園」で開催され、スイートグローブも出店しました。

 なんと当日は、朝から雪、そして雨に変わるという最悪のお天気。
マルシェの時とは違って、建物内での出店だったので、濡れたり、寒かったりの心配は無かったのだけれど、
悪天候の中を「お客さんは来てくれないんじゃないか?」と心配しながらの開店準備となった。

 ところが、ところが、午前10時にオープンすると、出店テーブルが並ぶ大広間は、来場者で埋めつくされて、
人をよけながら見て回るような大盛況となったのだった。
 かなり事前のPR活動も行なったとはいえ、来てくれるお客さんには、本当に感謝感激です。

 我がスイートグローブも、午後1時を過ぎたころには、用意した商品はすべて売り切れてしまい、
売るものが無い状態になってしまいました。買っていただいた皆様、本当にありがとうございました。

 数日前から準備に追われていたスイートグローブ代表の家内も、ホッと、ドッと、疲れたようです。
[PR]
by kawasemi-report | 2012-02-28 00:27 | お菓子工房 | Comments(2)

「スワいち」のイベント、「オーロラ原村マーケット」に出店します

d0227858_21263037.jpg

 「スワいち」とは、諏訪地方6市町村の「美味しいもの、楽しいこと」が集まったイベントで、
今年は、我がスイートグローブも参加することにした。

 湖周エリア(岡谷市、下諏訪町、諏訪市)のイベントは、2月18日に行われたのだが、
高原エリア(茅野市、原村、富士見町)のイベントは、「オーロラ原村マーケット」と銘打って、
2月25日の土曜日に、原村ペンション村の北側に隣接する「八ヶ岳自然文化園」で開催されるのだ。

 イベント名に冠された「オーロラ」とは、この原村で2003年に「低緯度オーロラ」が観測されたこともあって、
会場の自然文化園のプラネタリウムで「オーロラ伝説」というプロブラムが上演されていることや、
「オーロラ写真展」の開催などとリンクしていることによるものだ。

 スイートグローブでは、限定商品として「そば粉のビスコッティ」や、500円で色々な味を詰め合わせた、
お買い得な「ワンコインお試しセット」などを用意して出店しますので、どうぞお出かけください。
[PR]
by kawasemi-report | 2012-02-18 23:00 | お菓子工房 | Comments(0)

雪は、多すぎず、少なすぎず

d0227858_2125531.jpg

 週末に、松本に住む小1の孫がやって来て、我が家の庭で、雪遊びをしていった。

 まずは八ヶ岳からの緩やかな斜面の庭でソリ遊び、次に屋根から取った大量のツララを雪に刺して遊び、
お次は雪でイスを作って、それがエスカレ-トしてカマクラ作り、それから雪合戦が始まって、
いつの間にか雪玉作りから雪ダルマ作りになって、やがて表情豊かな雪ダルマが、カマクラの上に並びました。

 長野県は南北に広いので、大雪のニュースが報じられている県の北部とは違って、松本から諏訪にかけての
県の中部は、降っても20~30cmくらいが普通だ。

 県の北部や日本海側の地域では記録的な大雪の、この冬でも、ここ原村では、
子供が楽しく雪遊びするのに、ちょうどいいくらいの雪の量なのだ。
d0227858_21412047.jpg

[PR]
by kawasemi-report | 2012-02-13 21:47 | 八ヶ岳の生活 | Comments(0)

1月から2月にかけて、寒い日が続きました

d0227858_20171111.jpg

 年が明けても、ずっと、大工仕事の助っ人の日々が続いています。ブログの更新もままなりません。
そして、ここしばらくは、毎日マイナス10度前後の日々が続いています。

 昨日(2月4日)には、全国版のニュースでも、諏訪湖の「御神渡り」4年ぶりの出現が報じられました。
「御神渡り(おみわたり)」とは、真冬のこの時期に、寒い日が続いて諏訪湖が全面結氷して、
さらに寒い日が続くと、氷が膨張して割れて盛り上がり、湖の真ん中を横断する道のように見られる現象だ。

 諏訪地方には「御柱」で有名な諏訪大社の上社が諏訪湖の南東にあり、下社が諏訪湖の北西にあるのだが、
上社が男の神様で、下社の女の神様に会いに、氷った湖の上を歩いた足跡が「御神渡り」だと言われている。
寒さとは裏腹に、なんと情熱的な神様なんだろう…。

 そんな寒さも週明けにかけて少し緩んで、ツララも長くなりそうだ。

 いったい、春は、近づいているんだろうか…?

 いったい、今の現場は、もうすぐ完成するんだろうか…?
[PR]
by kawasemi-report | 2012-02-05 21:34 | 八ヶ岳の自然 | Comments(2)